こんにちはLIGHTです。
本日はいばみがレパルダスの調整を考察します。

―この記事の構成―
・レパルダスの種族値
・レパルダスのPGLデータ
・いばみがレパルダスの調整案
・いばみがレパルダスの立ち回り
・いばみがレパルダスの対策(いばる対策) 
・クレッフィとの差別化

レパルダスの種族値
進化前:64-88-50-88-50-106(446)
特性:柔軟・軽業・いたずらごころ
タイプ:悪

レパルダスのPGLデータ 
PGLの詳しいデータはこちらから
【ポケモンORAS】高レートを目指して!!シングルレート環境を考察!! 
  2015-02-24-11-34-32
私が育成したレパルダスも色違いで可愛いw(自慢)

レパルダスの覚えている技
1 イカサマ 83.9%
2 いばる 81.0%
3 みがわり 72.3%
4 ねこのて 62.6%
5 アンコール 24.3%
6 でんじは 23.8%
7 ちょうはつ 8.6%
8 あくび 7.5%
9 はたきおとす 6.5%
10 トリック 6.1%

レパルダスの特性
1 いたずらごころ 99.3%
2 かるわざ 0.5%
3 じゅうなん 0.2%

レパルダスの性格
1 おくびょう 63.1%
2 ようき 21.8%

レパルダスの持ち物
1 たべのこし 64.6%
2 きあいのタスキ 18.6%
3 こだわりスカーフ 5.4%
4 こうかくレンズ 4.2%
5 だっしゅつボタン 2.4%

レパルダス
の簡易考察
猫の手催眠が有名なレパルダスですが、電磁波やあくび、アンコール、挑発、トリックと種族値は決して高くないですが特性もあり器用に立ち回れます。

いばみがレパルダスの調整案
レパルダスGIF
性格:臆病
実数値:161-*-84-*-70-170
努力値:172-0-108-*-0-228
持ち物:食べ残し
優先技:イカサマ.・身代わり・威張る
選択技:電磁波・ねこのて・アンコール・あくびなど
特性:いたずらごころ

有用遺伝技の遺伝経路

・あまえる
イーブイlv29から遺伝できます。
・アンコール
ナマケロlv6やタマザラシlv9から遺伝できます。
・あくび
ナマケロlv1やバクーダlv39から遺伝できます。

ORASでのレパルダス入手方法
ORASでは出現しないのでXYから連れてくる。

特性「いたずらごころ」の効果について(ポケモンWIKI 参照)
全ての変化技の優先度+1で出すことができる。 

※各種調整の表記について
下記記号HABCDSが大文字の場合は252振り。 
小文字の場合は4振りを想定。+1-1はランクを表しています。
例)無補正Hb→補正のないH252B4振り
大文字横に数値がある場合想定実数値。
例)H183D106ガブリアス


S調整(実数値170) 
最速ガブリアス(169)抜き
最速176まで振るのもありです。
ORASのS調整表はこちらから

AC調整(A0個体推奨)
この型のレパルダスは自身のACで攻撃しないため調整はありません。
レパルダスはクレッフィと違いイカサマをタイプ一致で打てるため確定数が変わってきます。
・レパルダスのイカサマ
レパルダスGIF
 
H183A182B116ガブリアス46.1%-55.4%(乱2 67%)
H181A177B120メガガルーラ43.5%-51.9%(乱2 13%)
H209A194B121メガガルーラ41.6%-49.2%(確3)
H171A216B150メガボーマンダ45.4%-54.3%(乱2 47%)
H167A76B100メガゲンガー47.9%-57.4%(乱2 82%)

・クレッフィのイカサマ
クレッフィ
H183A182B116ガブリアス30.9%-36.9%
H181A177B120メガガルーラ29.2%-34.8%
H209A194B121メガガルーラ27.7%-33.0%
H171A216B150メガボーマンダ30.4%-36.2%
H167A76B100メガゲンガー33.5%-39.5%
→確定数の関係で威張る頼りなことが多くなります

HBD調整(食べ残し回復量10)
・HB
A194メガガルーラ猫騙し49%-58.5%
A194メガガルーラ捨て身タックル147.2%-173.9%
A200テクニシャンキノガッサタネマシンガン4発84.4%-104.3%
A147命の珠ゲッコウガ水手裏剣2発26%-31%
・HD
C222ギルガルドシャドーボール44.7-52.1%
C222メガゲンガーシャドーボール44.7-52.1%
C131ニンフィアハイパーボイス152.7%‐180.1%
C111スイクン熱湯44.7%-52.7%

いばみがレパルダスの立ち回り
クレセリアやポリゴン2などの受けポケモンを起点に身代わりを貼り、いばみがの起点を作ります。
クレッフィと違い素のSが高いのでハメれるポケモンも多いですが、その分耐久は低いため脆いです。

いばみがレパルダスの対策(いばる対策)
レパルダスはクレッフィほど個体数は多くありませんが、対策は必須です。
こちらの対策をしていただけたら完封もしくは有利な運ゲーに持ち込めます。


後出しからほぼ確実に勝てる

・メガヤミラミ
メガヤミラミ
特性によりレパルダスの行動を妨害でき、A<B(かなり差がある)のためイカサマがききません。
ただし、メガ進化していることが前提です。



・図太いニンフィア
ニンフィア
S8のニンフィアはほとんどがこの型で、カゴの実持ちです。
また、タイプ一致ハイパーボイスは身代わり貫通で弱点を付かれるので、威張るで5ターン連続自傷(それでも厳しい)でも引かない限り突破は困難です。



対面から確実に勝てるポケモン
後出しでは不安定ですが、上手く対面することができたらほぼ勝てます。
・レパルダスよりSが高い「いたずらごころ」のポケモン
例)HBベースの挑発(身代わり)オボンの実(ゴツゴツメット)化身ボルトロス ・HBエルフーンなど

化身ボルトロスGIF エルフーン
・ラムの実持ち
例)ウルガモス・ガブリアス・マンムー・ジャローダなど
ウルガモス ガブリアスGIF
マンムー ジャローダ

高確率で勝てるポケモン(レパルダスの技構成しだい)
・A>Bの差が大きいポケモン
例)ハピナス ・ラッキー ・ピクシー
  ハピナス ラッキー ピクシー
・HBサンダー (相手にどくどくがなく「はねやすめ」・「ボルトチェンジ」持ち)
サンダーGIIF
・残飯ヒードラン
ヒードランGIF

・特性マジックミラー持ち
ただし、エーフィはイカサマが抜群、アブソルはA>Bのためヤミラミほど確実ではありません。
例)エーフィ・メガアブソルなど
エーフィ アブソル(メガ)
・ポイヒグライオン・ポイヒガッサ
グライオン キノガッサGIF 
遂行に時間のかかるレパルダスと相性が良いポイズンヒールに身代わり持ちと相性は良いですが、威張るを入れられてれしまうと有利ではありますが運ゲーに持ち込まれます。

・身代わり貫通技持ち
例)メガガルーラ・シャンデラ・メガサーナイト・メガボーマンダ・メガチルタリス・ニンフィア・クロバット・ミカルゲなど
メガガルーラ シャンデラ サーナイト

レパルダスとクレッフィの長所と短所
似たような動きができるレパルダスとクレッフィの違いについて、長所と短所を上げまとめてみます。
レパルダスGIF クレッフィ
レパルダスの長所
・タイプ一致でイカサマが打てる
・素のSが高いのでメガガルーラなどに上からイカサマができる(106属)

レパルダスの短所
・耐久が低い
・耐性が少ない
・身代わり貫通技に抜群を取られやすい
クレッフィの長所
耐性が優れている
・耐久も低くないので、調整しだいでタイプ一致で弱点をつかれない限り大体の攻撃を耐える
クレッフィの短所
・Sが高くないのでサーナイトなどにトレース挑発されやすい

以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

―害悪ポケモンの対策記事―
レパルダス
レパルダスGIF
単体考察

セット考察



オーロット
オーロット
セット考察

【害悪】無限オーロットの調整と対策【ポケモンORAS】

グライオン
グライオン
単体考察

パーティー考察



ピクシー
ピクシー
セット考察


セット考察

パーティー構築




エルフーン
エルフーン 
単体考察
【害悪】エルフーンの調整と対策【ポケモンORAS】

クレッフィ
クレッフィ 
単体考察


セット考察
【害悪】クレッフィゴチルの調整と対策【ポケモンORAS】
パーティー構築




ヤミラミ
ヤミラミGIF 
単体考察



オニゴーリ
オニゴーリGIF 
単体考察

セット考察

 
パーティー構築


ニャオニクス
ニャオニクス
セット考察


メガジュペッタ

メガジュペッタ
単体考察

セット考察

パーティー構築



「ポケモンORAS」カテゴリの最新記事